無料留学相談お問い合わせ
無料オフィス個別相談予約

トロント留学、カナダ留学ならトロント留学センター。手数料無料、無料英会話レッスン、現地サポートオフィスあります!

新型コロナウイルス・COVID-19に関するカナダ政府・オンタリオ州の対応について

お客様各位

平素よりご愛顧賜り誠にありがとうございます。

新型コロナウイルスに関して、3月13日(金)以降カナダ政府・各州の政府が大きな政策を順次発表しております。
3月17日現在は下記の状況となっております。

カナダ政府・オンタリオ州・そしてトロント市それぞれのオーダーにより、トロント在住者は出来る限り家に滞在するよう、不要不急の外出は控えるよう強く要請されております。
これを受けまして弊社では弊社へのお問い合わせは、まずは電話もしくはLINE,メールにて行っていただくようお願いいたします。
トロント留学センターでは通常通り平日10時~18時まで営業しております。ご相談やご質問などございましたらお気軽にお電話(1-647-860-6332)もしくはLINEもしくはメールにてご連絡ください。


LINEでのご連絡はコチラ
メールでのお問い合わせはコチラ

体調不良を感じる方はこちら


  • 体調がすぐれない方
    オンラインアセスメントセンター
    外部リンク
  • 電話での対応希望の方
    オンタリオ州電話相談
    1-8667970000

4月2日付

トロント市内の取り締まり強化
市が推奨するPhisical Distanceを実施するため、公共エリアで人と人との距離を2メートル以上の距離を開けてない場合には最大$5,000の罰金が科されます。同じ家に住んでいる家族同士の場合を除き適用されます。外出する際には十分ご注意ください。


4月1日付

トロント市内の取り締まり強化と新ルール
トロント市警察によるPhisical Distanceへの取り締まり強化のため、外出の際の身分証の提示を求められたり、トロント市が求めているPhisical Distanceの規定に従わないものに対しての最低$750、最大$5,000の罰金や拘束がなされる場合があります。可能な限り自宅待機をし、必要最低限の外出にとどめてください。

<トロント市の推奨するPhisical Distance>

①病院や薬局等のアポイントメントのための外出
②最大週1回の食材調達のための外出(可能な場合はオンラインショッピング推奨)
③犬の散歩やエクササイズのための短時間の外出(他者との距離を最低2メートル保つこと)
オンタリオ州での外出時の取り締まりについて
オンタリオ州内で外出する際にIDの携帯が求められています。外出時に警察官や行政職員よりIDの提示が求められる可能性がありますのでご注意ください。

3月31日付

オンタリオ州の緊急事態宣言の延長
オンタリオ州での緊急事態宣言が4月13日まで延長されました。必要不可欠なビジネスの閉鎖や5人以上の集会の禁止命令が継続されるほか、3月30日付で新たに屋外の集会場所やプレイグラウンドなどの閉鎖を命じています。
トロント市のイベントキャンセル
トロント市内で予定されていた市内での6月30日までのイベントがすべてキャンセルされることが発表されました。

3月30日

3/29付オンタリオ州:5人以上の集会禁止
オンタリオ州にて5人以上の集会が禁止されました。
トロント市内の罰則取り締まり強化
Social Distanceを守らない方には最大5,000ドルの罰金が科される可能性があります。

3月27日付

3/26付でカナダ入国規制措置一部緩和発表
3/26付3/18以前に有効な学生ビザもしくはワークビザを保持していたもの、もしくは学生ビザの許可証を所持しているものが入国制限の例外規定に該当し、入国を許可されることとなります。ただし、到着後の14日間の自己隔離は全てのカナダ到着者に強制されるほか、フライト搭乗前に健康診断が行われ、症状のある者は搭乗できません。

3月25日付

トロント市内のモール公園等の施設のクローズ
3/25付でトロント市内のトロント市が所有する公園内の設備、プレイグラウンドやドッグパークなどが閉鎖されます。また一部食品関連を除くすべてのショッピングモールのクローズとなります。
カナダ到着者への14日間の自己隔離強制化
3/25以降カナダ国外からカナダ入国したものは、医療従事者など一部を除いて14日間の自己隔離を強制としました。これに従わなかったものは罰金や逮捕の対象となる可能性がございます。

3月23日付

オンタリオ州が必要最低限のビジネス以外のクローズ命令
3/24(火)23時59分よりオンタリオ州内の必要最低限のビジネス以外のクローズが命令されました。引き続きビジネスを続けられる業種リストは3/24(火)に発表される見込みです
トロント市が緊急事態宣言を発令
3/23付でトロント市の緊急事態宣言が発令されました。今後、オンタリオ州等の命令に従わなかったものへの警察の介入なども行われる予定です。ご自身の安全のためにも、不必要な外出は控えるようにしてください。

3月20日付

3/20 23時59分よりアメリカ/カナダ国境通行制限の開始
アメリカ-カナダ間の通行制限が金曜日の深夜より実行されます。これに伴い、当面の間2か国間の不法入国者は強制送還されることとなります。
トロント市内の固定資産税や電気・水道費用の支払い期限を2か月延長
トロント市内在住者の電気や水道使用量などの支払い期限が2か月延長されることとなりました。こちらは特定の手続きは不要です。
国境でのビザ変更(Flagpol)は当面できません
現在観光ビザをお持ちでワーキングホリデービザへの切り替えのためにカナダ-アメリカ国境を超えることは必要不可欠な行為とは認められず、禁止されます。またワーキングホリデーでの入国は認められていないことから、当面の間この措置はできなくなります。現在の滞在ビザ期限が迫っている方は、オンラインでビザの延長申請をすることをお勧めいたします。
※ビザ申請に関しては弊社では回答できかねますので資格のあるビザコンサルタントや弁護士へご相談ください。

3月19日付

エアカナダ国際線・国内線の減便発表4/1~
エアカナダが4/1以降アメリカを含む国際線の大幅な減便を発表しました。4/1以降1カ月間は当面の間アメリカの数都市に加えてロンドン、パリ、フランクフルト、デリー、日本、香港との行き来を便数をかなり絞って就航する予定となっています。カナダ国内の便もかなり減らされる予定ですので近々帰国を考えている方は早めに航空会社・旅行会社へご相談ください。

3月18日付

カナダ・アメリカ間の国境一部例外を除いて封鎖
物流や仕事の場合など一部例外を除いてカナダ・アメリカ間の国境を超えることができなくなります。いつから始まるか、またトランジット目的が影響が出るかどうかは現時点では不明です。

3月17日時点

 
3月18日より一部例外を除いてカナダ市民もしくは永住権保持者以外のカナダへの入国ができなくなります
これによりワークビザ保持者、学生ビザ保持者や観光などの目的でのカナダ入国ができなくなります。例外は米国の市民権を持つ方、外交官や航空関係者など
カナダ国外からの入国者全員に対して14日間の自己隔離要請
症状があるなしにかかわらずすべての入国者が対象です
オンタリオ州が3月17日付で緊急事態宣言
現時点ではレストランやバーなどの閉鎖(テイクアウトを除く)、映画館や娯楽施設の閉鎖、50人以上の規模の集会禁止です。今後状況によってはこれ以上踏み込んだ政策が行われる可能性があります。また不要不急の外出をしないように強く要請されています。
不要不急の外出禁止要請
オンタリオ州だけではなくカナダ全土で不要不急の外出をしないよう要請が出ています。
パークカナダや公共サービス(一部)の閉鎖
必要最低限のサービスを除いて公共サービスの提供が中止されます。これにはパークカナダなども含まれます。ただし、必要なサービスは引き続き提供されています。
トロント市の不必要な公共サービスの閉鎖
トロント市長は3月17日15時(トロント時間)頃の発表で、トロント市内の公共サービスの一部のを閉鎖することを発表しました。このサービスには、警察や公共交通機関、ごみ収集などの最低限必要なサービスは含まれません。

感染症が疑われる場合には下記の指示に従ってください。
〈オンタリオ州〉
 オンタリオ州保健省は,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)自己診断ウェブサイトを公開しています。
https://www.ontario.ca/page/2019-novel-coronavirus-covid-19-self-assessment
〈トロント市〉
 トロント市の検査(アセスメント)センターの所在地等の情報は以下のウェブサイトに掲載されています。
https://www.toronto.ca/home/covid-19/covid-19-health-advice/covid-19-assessment-centres/


できる限り外出や人との接触を避けてお過ごしください。


トロント留学センターお問い合わせ 留学・転校手続きから、ホームステイ、寮手配、インターンシップまでトロント現地オフィスからあなたをサポート カウンセリング予約 無料見積もりはこちら