• トロント留学センターのLINE
  • トロント留学センターのFacebook
  • トロント留学センターのtwitter
  • トロント留学センターのinstagram
  • トロント留学センターのyoutube
  • 日本オフィス電話番号日本オフィス 0120-4192-09
  • トロントオフィス電話番号トロントオフィス +1-647-860-6332

ヘルスケア・医療英語を通して英語を学ぶため、トロントへ!

名前 Makiさん
学校 English School of Canada (ESC) Toronto
ビザ 学生ビザ
自己紹介をお願いします。
Makiです。
留学先がESCで、現在英語の勉強をしています。留学の理由は、日本で仕事をするにしても、英語を使用して誰かと会話をしたりディスカッションをしたりという事が必要だと分かっていたからです。仕事を始めると、どうしてもまとまった期間や英語を勉強する時間、英語が第一言語の国に留学する時間などが絶対に取れないと思ったので、今のうちに留学をしたいと思い留学を選びました。
なぜESCを選ばれたのでしょうか?
ヘルスケアコースが有名だったのが一つの理由です。将来的にもその分野の英単語は絶対に必要になることが分かっており、また、自分の興味のある分野を英語で勉強するというのが英語の実力を伸ばす上で有効的だという話を聞き、それならヘルスケアコースが充実している学校がいいだろうと思ったからです。
ヘルスケアコースに行く前に一般英語で少しその授業を受ける際に、自分がより英語のスキルを磨く必要があると考えた時、ESCの一般英語コースがよりフレキシブルで、自分のレベルに合わせて文法などの授業を受けさせてもらえるという話だったのでESCを選びました。
クラスの様子、スケジュール、授業の進め方・感想は?
  • クラスのスケジュール、授業の進め方
  • タイトル 今はコロナのせいだと思うのですが、本来のスケジュールとは少しずれていて、朝の10時から約1時間のクラスを3つ受けるという状態になっています。全体的な授業の進み方としては、一週間ごとに大まかなテーマが決まってるような感じです。
    例えば、私が今受けているのは内分泌系の分野で、その内分泌系の分野の中でその日ごとに少しテーマが決まっています。例えば今週の分泌系であれば、初日がざっくりとした内分泌の全体的な話で、二日目が糖尿病などの話で、3日目がまた別のその内分泌系の話というように進んでいきます。


  • 実際の授業の様子
  • 単に病気のことや体のシステムを学ぶのではなく、検査技師さんの電話での会話などをディスカッションしたりします。こういう検査結果が出ました、それをお医者さんに伝えるために検査技師さんがお電話します、じゃあ受付とこういう会話をして・・・のように。
    間間にそのようなディスカッションが入るので、病気について学び、その病気だと予想される患者さんが来た時にどんな質問をしますかなどを実際に考えるので、結構面白いです。


  • クラスメイトについて
  • 海外のお医者さんや小児科のお医者さんだったりなど、将来医療系の大学に行きたいという学生、海外の学生もいます。先生の話を聞いた限り、医者や看護師、普通の学生も・・・のように様々な感じです。
    生徒はみんな医療系に興味のある人がメインですね。


  • 宿題や課題について
  • 毎月テストがあります。例えば、1週目は心臓や肺、循環器について、2週目は消化器についてなどのような4週間分を毎月一回、単元テストとしてやります。でも、先生たちも全部やれとなると大変なので、単語の意味を英語で説明するというような1週間分の単元のまとめがあります。
    例えば、ケーススタディのように、こういうケースの人にこういうこと聞きますや何がどういう診断名が予想されますかなどのような問題集みたいなものが最後についています。それが宿題なのですが、授業がサクサク進むとその宿題を授業中にやったりするので、宿題としてはないです。
医療の知識がもともとない人には、受講は大変そうですか?
そこまでとても難しいというわけではないですが、もちろん前提の知識があると理解がしやすいというのはあります。
例えば、テキストを読む時や先生の話を聞いた時に、分からない単語に日本語できちんとベースがあると予測がつけられるので、英語学習の時に少し有利にはなると思います。でもおそらく予備知識がなくてもネットで調べれば、ベーシックな部分は出てくると思います。なので、特に興味があるというだけでも問題はないと思います。
もう卒業してしまった同じクラスの子はまだ医学生ではなく、でも将来医療系の大学に行きたいという子だったのですが、勉強していてもその子は全く問題がなかったので、大丈夫だと思います。
ただ予習復習はした方がいいかなと思います。やはり一般的に使う単語ではないので、どうしても単語は難しいです。医療系だとラテン語やギリシャ語が由来のものも結構あるので、その辺りは勉強した方がいいと思います。
  
もう知ってることを英語で学ぶことについてはいかがでしょうか?
やはり言語が違うと、知ってると思っていてもつまらないなどは全く思わないです。むしろ英語を勉強するにあたって、なるほどこれはこう言うんだな、これをこう表現するんだな、あっこれ日本語と一緒なんだというように思います。
反対に、日本語で勉強する事に対しても理解が深まると思います。訳すのが面倒でそのままカタカナ読みのように輸入してる単語が、医療分野にもたくさんあるので・・・。頭の中で意味のわからないカタカナの横文字として覚えるよりは英語で英語の説明がついてる単語として覚えることで、より日本語での学習においても理解が深まるかなと思います。

おそらく医療関係の単語は、これから先もどんどん海外の単語をそのまま入れてくるようになると思います。英語で伝わる意味と日本語に訳した時の意味は100%一致しないので、ざっくりとしてでも英語で理解できるかどうかというのはやはりすごく大事だと思います。特に、論文を読んだり症例を読んだりなどを英語でやった方が、おそらく理解はより深まると思いますし、できたほうがいいと思います。もし将来日本から絶対に出ない、医療従事者としても日本から絶対に出ないと思っていても、英語で勉強をする事によって絶対に意味があると思います。
トロントの滞在方法とその感想は?
シェアハウスです。
部屋は別なのでプライベートはありますが、同じ家に住んでいるのでキッチンの使用時間が決まっているなどの、様々なルールがあります。どうしても昼食と夕食の時間は人とずれないと思うので、人がいるな、今日使えないなというような部分は、やはり少し不自由だなと思います。
食べ物をため込むにしても冷蔵庫のスペースが決まっていたり物をおけるスペースが決まっているので、買い込んで置いておくという事が出来ないのも少し不便な部分だなと思います。
トロントと日本での生活費の差はありますか?
トロントは本当に外食が高く、税率も高いので、日本だと500円で済むところが、1000円、2000円は平気でかかるので、やはり自炊が圧倒的に安いです。食料品もとても安いというわけではないです。
日本では特にコンビニなど、調理済みのものがあの値段で売っているってのはすごいなって思います。
美術館や博物館に行きたかったり、トロントには水族館が大きくていいところもあるので、水族館にも行きたかったりしても、そのような施設は入場料が高いので、節約しようと思ったら自炊が一番だと思います。
トロント留学センターを選んでいただいた理由は?
実は、最初はオーストラリアを検討していました。特に語学留学は、やはり現地に行き現地で生活してこそだと思っていたので、もし行けないのだったら、留学に行く意味はないなと思っていました。なので、オーストラリアは諦め、別のところを探していました。
そしたらカナダが受け入れている事を知り、色々調べていたらトロント留学センターの良い方に出会い、詳しく様々なことを教えていただきました。こういう希望があるんだけどどうでしょうかという質問にも紳士に答えて頂いて、この方がいるところにしようと思いました。
これまで生活してみて、トロントの街の感想などお聞かせください。
まず、全然日本とは違うなと思い、街の風景1つにしてもそうですが、異国に来たんだなとすごく感じます。日本に慣れていると、来た当初は公共交通機関に戸惑うことも多いと思うのですが、やはり人が優しいなと思います。どうしても英語が下手なので、聞き取れなかったり、喋るにしても自分の言いたいことがすぐ出てこなかったりするのですが、トロントの人はみんな待ってくれます。みんな待ってくれるし、聞いてくれます。

おそらくトロントで生活すると分かると思うのですが、本当に様々なところから色々な方が来ていて、みんなすごく優しくて楽しいです。あとは色々な国の方がいるので、リトルイタリーがあったり、グリークタウンがあったりするように、色々な国の文化が地区ごとにあります。なので、それぞれの国のなんとなくの雰囲気みたいなものが楽しめるような部分がトロントの魅力かなと思います。
いい意味で周りの人の視線が気にならないです。気にならないし、みんな自然体なので、気分が楽です。都会だけど大きくて広いので、開放感があるというのがトロントの面白いところだと思います。悪いとは言わないですけど、日本の都会はぎゅっとしているので、トロントはちょっとした雰囲気の違いが面白いというか、生きやすいというか・・・すごく過ごしやすいです。

やはり日本とは違うな、これは嫌だなと思ったりもするとは思います。もっとホームシックになり、日本に帰りたくて仕方なくなるかと思ったのですが、案外そうでもなかったです。
これから留学される方へアドバイスお願いします。
渡航前に不安に思っていること、大変なことはないということです。
案外人間はなんとかなりますし、トロントの人は本当に優しいです。例えば、英語が分からなくてもゆっくりお願いしたらゆっくり喋ってくれたり、下手でも頑張って身振り手振りを交えて喋ると、向こうも付き合ってくれたりします。もちろん時間などの色々な問題はありますが、もしできるのであれば、やらないよりは断然やった方がいいと思います。
海外に住む時には、生活全てに英語が必要で、お店で物を買う時は店員さんに聞かなきゃいけないこともあったり、店員さんに教えてもらわなきゃいけないこともたくさんあったりするので、最初にお店に入る時は、怖かったです。でも店員さんもみんな優しいので、やらないよりはやったほうがいいと思います。
みんなとても優しいので、トロントは本当におすすめです。
  • 【私の留学体験談】トロントESCで「医療英語」を学ばれている留学生の体験談!

    【私の留学体験談】トロントESCで「医療英語」を学ばれている留学生の体験談!

    回の動画は、日本の大学で医学を学ばれ、トロントでは「医療英語」のプログラムを通して「英語力向上のためにも、興味のあることを英語で学ぶ」を実践されているMakiさんへのインタビューです!医療英語プログラムではどんなことを学ぶの?医学の基礎があったほうがいい?英語で学び直すことの意義とは?などなど、大変興味深いお話しをしてくださっています。日本で医学部に通われている方、看護師をしていらっしゃった方、将来日本またはカナダで医療系の仕事に就かれたい方必見のインタビュー動画です!

お問い合わせ

日本オフィス電話番号日本オフィス

0120-4192-09

受付時間10:00~19:00

トロントオフィス電話番号トロントオフィス

1-647-860-6332

月~金10:00~18:00(トロント時間)

Copyright © DEOW Education Canada, Inc all rights reserved.

無料お問い合わせ・説明会予約