無料留学相談お問い合わせ
無料オフィス個別相談予約

トロント留学、カナダ留学ならトロント留学センター。手数料無料、無料英会話レッスン、現地サポートオフィスあります!

ジョージアン・カレッジ(Georgian College)ってどんな大学? 人気留学先を訪問レポート【トロント・カレッジ見学】

 
  
   
ジョージアン・カレッジ(Georgian College)ってどんな大学? 人気留学先を訪問レポート【トロント・カレッジ見学】

こんにちは。トロント留学センターです‼
カナダ・トロントで留学を検討しているあなたの候補先として、ジョージアン・カレッジ(ジョージアン・カレッジ(Georgian College))はすでに選択肢に入っているかもしれませんね。今回は留学生の間でも人気が高い、トロントの超優良カレッジ、ジョージアン・カレッジ(Georgian College)の見学ツアーに参加しました。公式サイトや資料だけではわからない、ジョージアン・カレッジ(Georgian College)の魅力をお伝えします!オンタリオにはカレッジが数多くありますが、ぜひ有力候補にお入れください‼

 
 
 
 

ジョージアン・カレッジ(Georgian College)のある街・バリーはどんなところ?

failure-3-2トロントのダウンタウンから北へ車で一時間半のところにバリー(Barrie)市があります。
バリー市はシムコー湖というとても大きな湖に面した街です。今回訪問の際はまだ寒い時期で、湖は氷が張っていましたが、圧巻の光景でした。雄大な湖のふもとで勉強ができるのは素敵ですね。
また、スノーリゾート地として観光業も盛んで、カナダ各地から観光客が訪れるそうです。生活コストもトロントと比べリーズナブルです。
勿論、ダウンタウンにでればカフェやレストラン、ドラッグストアが並び、問題なく日用品も調達できますので、ド田舎で何もない、という状況にはなりません。
さらに、カナダ国内でも特に治安の良いエリアで、ある調査ではカナダ国内2位の治安の良さが認めらえています。さらに、移民が少ない街で、白人系の方が多く住んでいます。留学生にとってあこがれのカナダライフのイメージに近い街かもしれませんね。

バリー市の主なポイント3点!

・カナダ国内から多くの観光客が訪れる場所
・カナダの中でも特に安全な街
・市民の90%が白人で移民が少ない

ジョージアン・カレッジ(Georgian College)のCo-opプログラム

failure-3-2Co-opプログラムを充実させ、実践的な学習に力を入れていること。これがジョージアンカレッジの最大のおすすめポイントです。
ジョージアンカレッジは実践的な教育をとても重要視しています。そのためCo-opプログラムを充実させています。オンタリオ州のカレッジにおいてコープ先のパートナーシップは最多となります(6200パートナー)。実践の場で培ったスキルを生かして、即戦力として活躍で切る人材を育成しています。
ところで、Co-opプログラムとはなんでしょうか。Co-opプログラムとは、クラスで座学学習したことを、実際の職場で生かす就労体験が組み合わされたプログラムです。さらに、就労中の多くが有給になるので、学びながらお金を稼ぐことが出来ます。まとめると次のようなメリットが挙げられます。

メリット

・教室で学んだことをどう使うのか、経験を通してより深く勉強できる
・就職活動の際に就労経験をアピールすることができる
・有給プログラムであれば生活費の足しにできる

つまり、カレッジにとってCo-opプログラムを充実させることは学生の勉強にとって、そして将来のキャリア作りにとってとても重要なのです。
ジョージアンカレッジはこの点にとても力を入れているカレッジで、実際2016年の就職率は87.3%(州平均は83%)と非常に高い水準を誇ります。
また、ジョージアンカレッジが位置するバリー市は観光地としてレストランやホテルが数多くあるだけではなく、カナダの大企業も多く構えています。そしてそれらの企業からカレッジに資金が回り、よりよい人材の輩出に貢献しているのです。カレッジと業界の素敵なサイクルがあるようです。
実践の場で成長したい、行動力のある学生にはとてもおすすめできるカレッジですね。

カレッジの中はどんな感じ?

failure-3-2さて、カレッジの中の様子はどのような感じなのでしょうか。
キャンパスはとても広々としていて、コース分野で棟が分かれています。やはりカナダのカレッジは課題やレポートが膨大だからか、学内至る所で生徒が熱心に勉強していました。特にグループワークで取り組んでいる生徒が多かったです。真面目に勉強されていますが、生徒さんの中には愛想よく手を振ってくれたり、アイコンタクトしてくれたり、アットホームな雰囲気も感じられました。
キャンパスは清潔感があってスタイリッシュな内装です。設備ももちろん充実しています。
その中でも特に目を引いたのは…

・大きな図書館
・レストラン、食堂、パブ
・サポートオフィス

その他にも、

ライブラリー

図書館は学生にとって調べものをするにも、勉強するにも、最も利用する機会の多い設備ですよね。ジョージアンカレッジの図書館はオシャレで多くの生徒さんで賑わっています。300台以上のパソコンが用意され、チューターの無料サポートも受けることができます。勉強で行き詰ったとき等、大変頼もしい制度ですね。また、グループワークのためにミーティングルームの提供も行っています。ちなみに、図書館のバイトも人気が高いようです。

レストラン

また、レストランやカフェもたくさんございます。食堂ではリーズナブルなピザやカナダで大定番のティムホートン(ドーナツ)もありました。夜にはお酒も提供されるパブもあります。さらに、本格的なレストランではカレッジの生徒さんが働いていて、素敵なランチメニューが用意されています。今回は夜に、暖かい接客のもと、とてもおいしいビュッフェをいただきました。本格的な食事とドリンクで満足できました。

サポートオフィス

キャンパス地下には、B110という学生にとってなくてはならないオフィスがあります。
ここでは、学生のコープ先のカウンセリングが行われています。一人一人へ個別で対応することが可能で、オフキャンパス、オンキャンパス問わず、どんな職業についても相談することができます。いくらコープ先が豊富にあるといっても、どこをどう選択すればいいのか迷うことはあると思います。しっかり相談できる環境が整っているのはうれしいですね。

レイクヘッドユニバーシティ(Lakehead University)とのパートナーシップ

failure-3-2ジョーアンカレッジは、レイクヘッドユニバーシティとの強い提携があります。レイクヘッドユニバーシティのOrilliaキャンパスはジョーアンカレッジから車でわずか30分ほどの近さ。こちらは比較的新しい大学ですが、満足度も高く留学生の受け入れにも積極的です。教室の生徒数は少人数で教授がしっかりと生徒に向き合うことができます。最新のVR技術を取り入れた教室は遠方の教室とリアルタイムで結び付けることができ、優れた勉強環境が整えられています。日本人はほとんどいないので、英語漬けになりたい方、カナダでどっぷり環境を変えたい方にもおすすめです。
ジョーアンカレッジとレイクヘッドユニバーシティの提携関係により、ジョージアンカレッジで取得した単位をレイクヘッドユニバーシティに移行し、学位を取得するプランも考えられます。立地もとても近いので、しっかり下見をして決めることができますね。

まとめ

ジョージアンカレッジはバリー市という湖に面した穏やかな環境で留学ができます。環境としても、プログラムの充実ぶりをみても、数あるオンタリオのカレッジの中でも特におすすめできるカレッジだと実感しました。行動力がある方、日本人が少ない環境をお求めの方に特にマッチすると思います。
ところで、カレッジで学ぶには当たり前ですが高い英語力が必要です。前提として少人数での授業やグループワークが多いので、必然的に発言力や自分の考えを発信するプレゼン力も求められます。ジョージアンカレッジに入学を希望の方は、IlACという語学学校で語学研修後、パスウェイにてジョージアンカレッジに入学することをおすすめします。ぜひ、ご検討ください!

 
コラム一覧へ
トロント留学センターお問い合わせ 留学・転校手続きから、ホームステイ、寮手配、インターンシップまでトロント現地オフィスからあなたをサポート カウンセリング予約 無料見積もりはこちら